FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠回り

2011.04.20 00:23|萌熱話
南の国からこんにちは

相変わらず長文が書けないでいるべるです。
ネタはあっても、文章に繋がらない・・・・。

そんなわけで、今回もぷち妄想です。

元ネタは信州オフの2日目に、
環さんとふたりっきり(*´д`*)で
夕食を食べた帰りのことです。

どんないきさつかはあとがきにて。

それでは、お時間のある方は
続きへどうぞ。

「おいしかったですね~」
「ああ。うまかった」

日曜日の夜。
俺と先輩はレンタカーを借りてちょっと遠出をしていた。

本当はかなこちゃんも誘ったんだけど、

「かなこだって忙しいんだから!その日は友達と遊びに行くの!」

と言って断られてしまった。

先輩は怒ってたけど、かなこちゃんは気をきかせてくれたのかな?

実験もひと段落して、息抜きにと言ったら
先輩は一緒に来てくれた。
一日一緒で、デートみたいで本当に楽しかった。

おいしい夕食を食べて、その帰り。
先輩は助手席に乗り込んで、ほっと息をついた。

「うまかったけど、食べ過ぎたな」
「ボリュームありましたよね。デザートまでついてましたから」

そんな他愛のない会話をしながら、
暗い車内でふたりきり。

明るいうちに元気な音楽をかけながら
走っているときとは、また雰囲気が違う。

幸せな気分になりながら、俺は信号で車を止めた。
そのときふいに、左に曲がればアパートまで
近道になるはずだと思い出した。
信号が青になると、俺はウィンカーをつけて左に曲がった。

でも・・・。

「あれ?」

「どうした?」
「すみません・・・。近道になると思ったら違ったみたいです」

俺は少し心配になりながら車を進めて、
しばらくして見たことのある風景を見つけるとほっとした。

「よかった。こっちからでも帰れますよ。
少し遠回りになっちゃいましたけど」

申し訳なく思いながら、また信号で止まる。
そのとき、先輩がぼそっと言った。

「・・・また、わざとじゃねーだろーな」
「えっ?」

驚いて先輩の方を向くと、胡散臭そうな目で俺を見ていた。

「また・・・って、いつの話ですか?」
「前もこんなことあっただろ。夏より前だったけか・・・」

そうだ。
以前にもこんな風にふたりで出かけて、
道に迷ったことがあった。

あれはまだ、ふたりで暮らしていない頃。
気まぐれに先輩が一日付き合ってくれて、
あんまりにも嬉しくて、楽しくて、
帰りたくなかったから、わざと道を間違えた。

あのとき先輩は何も言わなかったけど・・・
気づいてたんだ。

「すみません・・・・」
「別に・・・」

素直に謝ると、先輩はぷいっと窓の外に顔を向けてしまった。

怒ったのかな?
 
それからしばらく沈黙が続いた。
俺は心配になって先輩の顔を覗き込むと、
ふあっと大きなあくびをしていた。

「眠いですか?あと30分くらいかかりますから
寝てていいですよ?」

「・・・お前、寝ると変なことすっから嫌だ」

・・・それも覚えてたのか。

俺はあのとき、眠ってしまった先輩の寝顔があんまりにも愛しくて、
思わず信号待ちの間にキスをしてしまった。

先輩はぐっすり眠っていると思っていたし、
何の反応もなかったからバレてないと思ってたのに・・・。

「しませんよ。絶対にしません」
「信用できっか」

そう断言されても、反論は出来ない。

だって・・・。

それから10分後。
目を閉じて静かな寝息を立てている先輩を見て、
俺は必死に誘惑と戦っていた。

いや、変なことはしないって言ったし。
信じてもらえなくても約束は守らなきゃ。

でも・・・。

長いまつげを伏せて、わずかに唇を開いている
先輩の寝顔を見せられて、耐えられるはずがない。

キスは、変なことじゃない・・・・。

そう自分に言い聞かせながら、
俺は信号待ちの間に先輩の唇にそっと自分のそれを重ねた。

「・・・・・・」

先輩は、目を覚まさない。

俺はそのまま車を走らせながら、
タイトルも思い出せないほどの古い歌を口ずさんだ。

「遠回りして帰ろう・・・か」

「・・・ばーか」

振り向くと、先輩はまだ目を閉じたままだった。

「さっさと、家に帰るぞ」

「・・・・はい」

俺はアクセルを踏む足に力を込めた。





おいしい夕食をいただいた後、
環さんの運転する車で帰っていましたら、

「こっちが近いかも→あれ?→ああ、違ったけど大丈夫」

というやりとりがありまして。

まっすぐ帰るよりもうちょっと
一緒にいれて嬉しかったんですがΣd(≧∀≦*)ナイチュ

こんなシチュもアリだな・・・と
突然仕事中に妄想が降って来ました。

ちなみに、森永くんが口ずさんだのは、
『月がとっても青いから』でした。
ふいに思い浮かんで。
中々今回の妄想にも合ってたんではないかと。

ああ、ぷち妄想書きやすいなあ・・・。
自分の文章、回りくどいからな。
ぷち妄想はそれがないんですよね・・・(;´Д`)

でも、今抱えているぜひ書きたいネタは
ちゃんとした長文で書きたいので、
23の日までに・・・書きたい・・・・
書けるかな・・・書けるといいな・・・。

それでは、ここまでお付き合いくださって
ありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

べる

Author:べる
九州在住べるの、
暴君愛書きなぐり
ブログです。
心の広い方のみご覧ください。 

和暴君普及委員会

和暴君普及委員会 和暴君普及委員会

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。